BLEACHウィキ
Advertisement

前副隊長→隊長、女性死神協会理事。 戦線には出ないことが多く、回復がおもな役目である。一人称は「私」。虎徹清音の姉。長身で優男風だが、優柔不断な性格でかなりの怖がり。尸魂界篇では鬼道で各死神に藍染らの叛逆を即刻伝えている。破面篇では卯ノ花に同行して茶渡やガンテンバインを治療したあと、単身で白哉のもとへ現れてルキアと花太郎を治療したが卯ノ花の命で現世には同行せず、白哉やマユリたちの補佐として残った。「見えざる帝国」の一度目の侵攻時は、卯ノ花とともに総隊長命令で前線には出ず隊舎で待機していた。二度目の侵攻はやちると行動をともにしており、負傷したローズと拳西を治療していたところに グエナエルと遭遇し戦闘となる。やちるとともに突如現れたグレミィに追い詰められて窮地に陥ったところを剣八に助けられた。その際に剣八から、卯ノ花を斬ったことと剣八が「剣八の名」を受け継いだことを告げられ、複雑な表情を見せながらも安堵し、涙を流した。後に花太郎とともに負傷した剣八、一角、弓親、檜佐木を浮竹の指導のもとに治療した。血戦後は、卯ノ花の後任として隊長に就任した。このころから、髪型はショートボブに変わっている。 ドラマCDより清音曰く「隠れ 巨乳」(マンガオンラインでのBLEACH特集で配信のオリジナル壁紙や、アニメ228話のオリジナルストーリーでは巨乳が強調されている)。休日は妹に会いに行って過ごしている。

Kotetsu
斬魄刀:凍雲(いてぐも)
封印時から雪の結晶のような形をした鍔を持ち、能力解放とともに刀身が3本に分かれた形状に変化する。作中では一護との交戦時に解放したのみで描写が少なく、能力は不明。ただし、血戦後に隊長に就任しているため、卍解は習得していると思われる。
解号は「奔れ『凍雲』(はしれ『 - 』)」
虎徹 清音(こてつ きよね)
十三番隊第三席・隊長代理→四番隊副隊長。
Advertisement