BLEACHウィキ
Advertisement

長身でサングラスをかけ、さまざまな方向に分かれたアフロヘアーの男。通称ラブ。ジャンプなどの漫画を読んでいることが多く、漫画を見て大笑いしたり漫画の台詞に心酔し自らの思いを語ったりする。好きなセリフは「おまえはもう死んでいる。」。

虚化すると鬼のような仮面が現れる。
110年前は護廷十三隊の七番隊隊長を務めていた。羽織は袖のないタイプで、当時からすでにアフロヘアーであった。この頃から既にひよ里の保護者的な存在で、隊首会の際に平子に飛び蹴りを食らわせたひよ里に拳骨を入れる等、隊長不在時にひよ里の面倒を見ていた。101年前に魂魄消失案件の始末特務部隊の一人に選ばれ、虚化した拳西達と戦うが、藍染達の策略に嵌り虚化した。
空座町での藍染一派との決戦では、重傷を負い戦闘不能になった京楽と浮竹の代わりに、ローズと共闘してスタークとの対決を展開しているが、追いつめられたところを京楽の加勢で事なきを得ている。その後、藍染に挑むも敗れた。決戦後は、「ジャンプのない世界に用はない」との理由及びひよ里の保護を名目に、尸魂界で治療を受けた後はすぐに現世へと戻っている。
千年血戦篇では、ひよりが結成した「世界のひずみ直し隊」に加わり、浦原から死覇装に着替えて戦闘に参加するように要請された際には、平子やローズや拳西が命張ってる中で帰ることは出来ないと言う理由で要請を快諾した。門完成後は霊王宮へ進撃したが、ジェラルドに敗北した。
斬魄刀:『天狗丸(てんぐまる)』
能力解放と共に、巨大なトゲ付きの金棒に変化する。単純な破壊力が高いほか、スタークの「無限装弾虚閃」を全く受け付けない強度を誇る。卍解は作中では使用しておらず不明。
解号は「打ち砕け『天狗丸』(うちくだけ『〜』)」
技「火吹の小槌(ひふきのこづち)」
炎を纏った天狗丸を振り下ろし、広域を巻き込んで押し潰す技。
技「鏡開(かがみびらき)」
虚化後に使用。相手の眉間に両指を差し込み、素手で真っ二つに引き裂く技。
Advertisement