BLEACHウィキ
Advertisement
Oumaeda

でっぷりとした太めの体格(本人曰く「ふくよか」)で額がやや後退しており、常に油せんべいを抱えている。一人称は「俺」。金持ちのボンボンで、自身も大前田宝石貴金属工場の社長を兼任している。

家族構成は父・希之進、母・希華、姉・希美、長男の希千代、次男・希二郎三郎、次女の希代(声 - 藤田咲)の6人。彼に顔だけでなく性格もそっくりであるが、年の離れた末妹の希代だけは容姿がかけ離れており美人(大前田本人はそう思っていないが、妹としては大事に扱っている)

一見鈍重そうに見えるが、隠密機動ということもありスピードは相当速い。始解ができ、前述の通り動きも素早いこともあって戦闘力はそれなりにあるが、臆病な一面があり格上と戦う際は逃げ腰になることが多い。アニメオリジナルで霊骸の白哉と戦ったときは実力差に青ざめて土下座し、金を払ってでも許してもらおうとした。ただし護廷十三隊としての自覚は少なからずあるようであり、星十字騎士団との二回目の戦いでは怖がる妹を「護廷十三隊として戦わなければならない」と諭している。

破面篇では他隊の隊長格と共に空座町での戦闘に出陣し、バラガンの従属官 ニルゲ・パルドゥックと対戦し勝利を収める。続くバラガンとの戦いではバラガンの能力に恐れをなして攻撃を躊躇したり、砕蜂から卍解の準備による時間稼ぎとしてしばらく任されたときは怖がって逃げ回ったりしていたが、砕蜂が卍解を使用した反動で吹き飛ばされたり二度目の使用で意識を失いかけた際は、副隊長として即座に身体を支えに向かっている。アニメ版では戦闘描写が追加され、倒壊したビルで質量攻撃を試みたが通用しなかった。

千年血戦篇での一度目の星十字騎士団との戦いでは、砕蜂とともにBG9と対峙する。星十字騎士団の撤退後は修行をした描写が特になく、昼寝をしてだらけていた。二回目の侵攻はBG9と対峙するも希代が重傷を負わされ、さらに自身も殺されそうになるが砕蜂の救援により助けられる。その後、BG9の不意を突いて重傷を負った砕蜂を救出。浦原から転送された侵影薬を渡し、勝利に貢献する。その後は敵の集中攻撃を受けている剣八のもとへと向かおうとするが、気絶した砕蜂と希代をかばいながらの戦闘で聖兵に苦戦。平子・雛森と合流するが、直後に出現したバズビーの邪魔を受けるも、平子の斬魄刀の能力で事なきを得た。その後に京楽らに追随して霊王宮に突入する。

斬魄刀:五形頭(げげつぶり)
直接攻撃系の斬魄刀。能力解放とともに刀身が柄部分と鎖で繋がれた棘付き鉄球( モーニングスター)状に変化する。一護のパンチ一発など破壊されたことが何度かあり、耐久力は低いようである。なお、ジオ=ヴェガ戦で砕蜂を庇った際にも粉砕されたが、直後のバラガン戦では元通りになっているので回復力は高いとみられる。
解号は「打っ潰せ『五形頭』(ぶっつぶせ『 - 』)」
Advertisement