BLEACHウィキ
Advertisement

ヤミー・リヤルゴとは、漫画「BLEACH」に登場する人物。

ポジションも攻撃も体型も兕丹坊と似ているが、性格は正反対。

「ありがとうだべ」もとい「スエルテ」で一護を攻撃するが、普通に防がれた挙げ句、「門番は門を開けるためにいるのとちゃうやで」と言わんばかりに片腕を切り落とされピンチになるが、一護が動きを止めたことで隙が出来、十本兕丹打祭の如く一護をボコボコにするが止めを浦原さんに阻止され夜一さんに仕返しにボコボコにされるが、何とか耐え「万歳兕丹打祭」のような威力の虚閃でお返しするが浦原さんに「悪いな、その虚閃、斬るぜ」と言わんばかりに相殺される。

虚圏ではロリ、メノリをボコボコにし織姫を救うが、兕丹坊ではないので織姫を攻撃するが石田に倒される。

実は第0十刃であり、石田と井上以外の現世メンバーをフルボッコにするが、剣八と白哉の介入で止めを指し損ね、「悪いな、その足、斬るぜ」と言わんばかりに両足を切断された。パワーアップした際に両足は再生するが戦闘シーンカットで剣八に体を斬られまくれ、片腕をまた奪われ、クッカプーロに看取られながら死亡した。

Advertisement