BLEACHウィキ
Advertisement
ペッシェ・ガティーシェ
自称・ネルの兄。アリもしくはクワガタムシを模した仮面をつけている細身の体の男(恋次曰く『骨っぽい、細い奴』、チルッチ曰く『シロアリ』、自称クワガタムシ)。一人称は「私」。灰色の身体で各所にプロテクターを着けており、見た目は虚そのものの姿で、褌を穿いている。虚夜宮内でドンドチャッカとはぐれ、一護を追いかけたネルを探す最中で、石田と交戦しているチルッチのパンツを覗こうとしていたため、攻撃されて石田と合流する。思考回路や記憶の仕方が独特で、一護のことは良く覚えていないが、何故か石田のことは覚えていたり、その割には石田を呼ぶとき、よく名前を『一護』と間違えたりで、冷静沈着な石田をキレさせるほどのボケキャラに徹している。
ドンドチャッカと同様、かつて十刃だったネルの従属官で、ノイトラ及びザエルアポロにより強制的に仮面を全部はがされ、ネルやドンドチャッカ諸共、虚夜宮の外の砂漠に捨てられた。ネルが戦いを望まず平穏に生きることを望むならそれもよしと思っており、彼女を守るための錬磨を絶やさなかった。
アニメに先駆け、ゲーム『ヒート・ザ・ソウル4』でドンドチャッカと同じく登場。
Advertisement