BLEACHウィキ
Advertisement
Sung-sun

長髪で、アオザイのような袖の長い服を着ている。一人称は「私」。仮面の名残を髪飾りのように付けていて、右頬にピンク色の仮面紋がある。アパッチ、ミラ・ローズとは違い一応言葉使いは丁寧だが、かなりの毒舌家で対乱菊戦で乱菊に煽られる2人を何故か更に煽り、アパッチとミラ・ローズから「てめースンスンどっちの味方だ!」とキレられている。常に袖口で口元を隠す癖がある。

アニメ版では大虚時代の姿も登場しており、破面になる前は頭頂部が装甲で覆われた(虚には珍しく顔が仮面で覆われていない)大蛇の姿をしていた。

千年血戦篇では服装が変わっているが、他の二人ほど大きな変化はない。

帰刃:『白蛇姫(アナコンダ)』
解放前は釵の形をしており、袖の中に入れて携帯している。
解放するとナーガを思わせる半人半蛇の姿に変わる。頭の仮面が首の後ろまで伸びた形状に変わり、左頬に右頬と同じ仮面紋が現れる。袖の下には腕が変化した大蛇が隠れている。
解号は「絞め殺せ『白蛇姫』(しめころせ『~』)」。
技「虚閃(セロ)」
両手の間から放つ。色はピンク。
技「蛇殻砦(ミューダ)」
千年血戦篇で使用。瞬時に脱皮し、抜け殻でシェルターを作り出す。光学迷彩と霊圧隔壁を備えており、敵の探査能力を完全に遮断できる。
つまり逃走用の技であり隠れたまま仲間のもとへ逃げることが出来るが、完聖体となったキルゲの前には全くの無力であり、霊子吸収攻撃により強制解除された。
合体技「混獣神(キメラ・パルカ)」
斬魄刀を解放したアパッチ、ミラ・ローズ、スンスンがそれぞれ自らの左腕を切り落とし、その左腕で彼女らのペット「アヨン」を生み出す。
Advertisement